ブログ記事一覧

モテない男の特徴は【相手に何が与えられるかを考えないこと】!だからお前はモテねぇんだよ

真面目に頑張っているのにモテないのはなぜだぁぁぁ・・・!?

こんな考えを持っている男性は多いでしょう。

でもね、
アンタ、アホか?と言わせてくださいな。

頑張るって何?

頑張るだけなら小学生でもできるぜ?むしろ、小学生たちの方が真剣に頑張るさ。

今の自分が、
相手の女性に何を与えられるか自覚しなされ。

真面目に頑張るっていう要素は、
誤解を恐れずに言えば誰でもできること。

努力の精度や継続性は個々人の差はあるけど、
基本的には日本人が好きな「真面目に頑張る」ってのは恋愛市場では何の取り柄でもないんですよ。

真面目に頑張ってもモテない・・・?んなこと言ってるからお前はモテねぇんだよ。

モテない男が覚えておくべき恋愛における残酷な真実とは?

モテない男たちが懲りもせずに

「俺はモテなくてなんて不幸なんだ!」

と悩んでいるけど、

こいつらは恋愛における残酷な真実のひとつを忘れているんですよ。

それは、

男女間の恋愛は等価交換である

ということです。

自分の強み、イケメン度、腕力、財力、トークスキルなどが突出していれば、
それだけ素敵な女性とお付き合いができるでしょう。

男側のアピールポイント、女性から見て「この人と付き合うと得られるメリット」もないのに、なにを女性からモテようとしているのか?と言いたいですよ、まったく。

あのね、
ありのままの自分ではダ・メ・な・ん・で・す・よ・ぉ・!

自分の価値が低ければ、
モテない毎日の生活というのはその価値と引き換えに得られた正当なリターンなんですよ?

恋愛市場において価値の高い女性を求めるならば、
その女性たちの価値と相応の価値を身につける努力ってものが必要なんですよ?

おい、モテない男たち!わかってんのか?

海老で鯛を釣る、と言う言葉がありますが、
世の中のモテないと嘆く男性にかぎっていえば、あなた方はエビじゃなくてよくて大きめのザリガニクラス。

間違っても、
ザリガニで居続けている間は、鯛クラスの女性との交際を望んじゃいけないんですよ。

パパ活以外ではね。

そんなこともわかってないからモテねぇんだよ、お前は。

モテない男が真面目に頑張って得られるものって何なんスか?

真面目に頑張る。

一見美しい言葉ですよ、たしかに。

勤め人として、
毎日ストレスにさらされながら上司の指示に耐えて家族のために頑張るのは良いでしょう。まさに自己犠牲です。家族を食わせるとはそういうことですからね。

でもね、
真面目に頑張っているだけでは経験値は上がるにしても、さらなるスキルアップや新たな成長は期待薄でしょ?

どこかで、
人とは一線を画すような努力、創意工夫、そして試行錯誤が必要なんですよ。

特にそれは恋愛市場においては当たり前のルール。

女性に与えられるモノを持っていますか?って話なんですよ。

  • あなたと一緒にいると楽しい?
  • あなたと一緒にいると他の女が「キィーッ!」と嫉妬する?
  • あなたと一緒にいるときらびやかな世界を見せてくれる?
  • あなたと一緒にいると絶対的な腕力で守ってくれる?
  • あなたと一緒にいると新たな性の技術で未知の快楽を感じられる?
  • あなたと一緒にいると毎日M-1グランプリのような笑いを体感できる?

これらのメリットがないのにモテようとするなんざ1000年早いんですわ。

少なくとも、
モテている男性たちはなにかしらのメリットを相手の女性に与えているんですよ。

人から見えないところでシコシコ努力しながらね。

そんなことも知らずに、

おれはぁ、モテないんすよぉぉ!

と被害者ヅラするなんて片腹痛い。

だから、お前はモテねぇんだよ。

モテない男がモテるようになるにはひたすら自分の価値を上げる努力をしろ

モテない男がモテるようになるには、
結局はまずは自分の価値を上げること。

そして、
上げに上げた自分の価値と等価交換できる相手の女性のランクを上げていくしか無いんですよ。

男女の価値ランクがS、A、B、Cとあれば、
Aクラスの男になれば、BやCのクラスの女性とは余裕で付き合えますよ。

Aクラス以上の男女なら、
Sクラスとの異性との交際も運やその他の力によって実現するでしょう。

Sクラス同士の交際は、
毎日の芸能ワイドショーを見ればそのニュアンスがわかりますよね?

反対に、
ありのままの自分がCクラスまたはDクラスなら、そもそもCクラスの女性と交際することも仲良くなることも難しい。

コンビニでは、
100円では100円のものしか買えないですよね?

100円玉で500円の商品は買えないだろ?

この等価交換の原理原則を、
恋愛市場においてはかなり多くのモテない男たちが勘違ししてるわけなんです。

だからモテねぇんだよ。

まずは1円から始まり、
10円、50円、100円と価値を上げていく。

そして、
やがて1000円札となり、5000円札となり、最後にはキングオブキングである10000円札へと這い上がるわけですよ。

それができないなら、
はじめからモテなど期待せずに自室で◯◯ニーに没頭しておけばいいんです。

まとめ:自分の価値によって相手にどんなものを与えることが出来るのかをよく考えよ

自分の価値をミスプライスしないことです。

そして、
自分の価値やその機能によって相手の女性に何を与えることが出来るかを死ぬほど考えましょう。試行錯誤して自分の武器を身に付けましょう。

自分は相手の女性に何も与えるものがないのに、
相手の女性からは気持ちと時間、そして身体を頂こうなんて100年早いんですよ。

泥棒と一緒。

おまわりさん!ここにモテなそうな泥棒がいまぁーす!

相手に何を与えられるかが明確になるまで、
毎日ひたすら精進して己を鍛えることでモテへの道が拓けるんです。