ブログ記事一覧

独り言を言ってる男やしつこい男でモテるヤツはいない!俯瞰で見れないからお前はモテねぇんだよ!

「そうそうそう、そうなんだよ、悪いのは俺ではないんだよ・・・」

「真実ってさ、今ある現実とは別の次元にあると思うんだよなぁ」

「いやいや、でもさ、あちらが立てばこちらが立たぬなんて言葉もあるし・・・」

これらはすべて、
最近立ち寄ったカフェで聞いたとあるおっさんの独り言です。

目の前のどうみてももてなそうなおっさんがブツブツ言いながら、
必死の形相で何かをノートに書き留めていたのです。

んでね、
声の大きさですが、

なかなかのでかいボリューム!

いやいや、隣の女性なんてドン引きしてるやん・・・

その女性からすれば、

先にに座っていた自分が移動するのもしゃくだし、でも露骨に移動したら感じ悪いし・・・もうなんやねん!

っていう心境ですよね。

当然、
その男性のルックスはお世辞にもモテる外見とは言えません。

人は見た目が9割という言葉があるように、
キムタクや福山雅治が独り言を言っていればサマになるかもしれませんが、その男性に関しては一切の共感はできませんでしたよ。

モテない男に限って、
自分の世界に没頭して自分を俯瞰で見ることができないんですよね。

独り言も決して悪いことではないですが、
不特定多数が集まる公共の場やカフェなどの場所ではするべきではありません。

かつて、
敢えて人付き合いを避けるために街を歩く時は必ず呪文を唱えていた葛飾北斎。

彼ほどの才能があればそれは今となってはサマになりますが、
この現代においてはやはり独り言や呪文をブツブツ言うのはアウトでしょう。

ましてや、
会話のボリューム以上の音量で独り言となると、これはもう近寄りたくないレベルです。

結局その男性は20分ほど独り言を言い続けた後に、店を出ていきました。

幸い、
私にはairpodsという強い味方がいたので難を逃れることはできましたが、もしもそれがなかったらと思うと背筋が凍ります。

独り言は自宅でやってくれ!だーかーらー、お前はモテねぇんだよー!

と心の中で100回は叫ばしてもらいましたよ。

モテない男性は、
独り言に限らず自分の今の姿を俯瞰で見た時にどんな印象なのかを知ろうとしない。

だ・か・ら、モテねぇんですわ。

自分を俯瞰で見られ無いことの弊害はなかなか大きい

自分のことを俯瞰で見ること。

これって人々が思っている以上に重要な要素です。

特に、
恋愛やモテに関してはことさら重要かと。

自分では

おいおい、やばいくらいイケてんじゃねーの、いまのおれは!

と思った服装や髪型も、
他の人から見たら「・・・ナシ!」と判定される場合ってありますよね。

ましてや、
冒頭のように結構なボリュームで独り言を言っているなんて言語道断。

時代が時代なら切腹ものの罪状かもしれません。

俯瞰で見る、または客観的に自分の現状を把握しないと、
良い点や悪い点が見つからないし、修正しようがないんですよ。

だから、
いつまで経っても成長しないし、当然ながらモテる男にはなれない。

モテない男の致命的な弱点として、
自分自身を俯瞰で見ることができない、というのがあるんですよね。

モテない男がしつこいのは俯瞰でそのしつこさを把握していないから

よく言われるのが、

モテねぇ男に限ってめちゃくちゃしつこい

ということ。

多くの女性は、
この言葉を見て首がもげるほどうなずいていると思います(笑)。

しつこい男って醜いですよね。

そして、
自分のしつこさに気がついていない。

むしろ、
しつこさを「これは愛情なんや!」と肯定しストーキングやプレゼント攻撃、LINEの連投など奇行に走る。

だからモテねぇんだよ・・・

と東西南北から聞こえてきます。

男のしつこさの原因は99%セックス不足です。

セックス足りて礼節を知る、という造語があるくらい、
男性は自分の性生活が充実しているかどうかによってしつこさの度合いが変わってきます。

いい男、モテる男はしつこくない。

ドライ。悪く言えば少しそっけない。

これくらいがちょうどいい。

「女性は愛される方が幸せ」なんて言葉、まさか信じてないですよね?

女性は、
自分で多くの子孫を残せるDNAを持っている男(オス)を自分から選びたいという本能が脳にインストールされています。

なので、

自分が好きな男を追っかけたい

というのが女性の本能であり、本音なんですよ。

女がナシ判定をした男は、
なにをどうひっくり返してもナシはナシなんです。

9回裏ツーアウトフルカウントからの満塁逆転サヨナラホームランはありません。

1回表からコツコツ機動力野球(ヒット、犠牲フライ、バント、盗塁などを駆使する細かい野球)を地で出来る男がモテるんです。

それを俯瞰で見られない男は、

「もう少しグイグイ押せばあの彼女はきっと俺を好きになってくれる!」

としつこさを加速させる。

その加速したしつこさを女性は、

・・・キモ。ってか怖いんですけどw

と敬遠していくんですよ。

自分がしつこいかどうかを俯瞰で見られないから、しつこさに拍車がかかるんです。

モテねぇ男は、
さらにしつこくなって更にモテねぇ男になるっつーわけですな。

そんなしつこさとおさらばするには、
やっぱり自分を俯瞰で見るスキルが必要となってくるわけなんですよ。

自分を俯瞰で見るには?

自分を俯瞰で見るにはどうしたらいいの?

モテねぇ男に限って、
すぐに他者に答えを求める。

悪い癖ですな。

でもまあ、教えましょう。

ひたすら鏡を見て、そして他人と比較することです。

そこには、
ゆとり教育で育てようとした個性など一切必要ありません。

ひたすら他人と比較。

モテる男、イケメンと言われる芸能人、売れてる芸人・・・

女性に人気がある男性たちと自分はどう違うのか?

とにかくこれを徹底的に分析すること。

モテねぇ男に限って、
手のひらサイズの努力ですぐに女のケツを追っかけるから中途半端になる。

だからモテねぇんだよ。

外見から始まり、
髪型や清潔感、持ち物、服装、トークや歩き方、筋肉量まですべて比較する。

特にヘアスタイルはモテや清潔感には重要なので、
いまいち自信がない殿方はこちらの書籍で学んでおきましょう。

>>人生は髪でズバッと変わる なんとなく髪を切って損をしないためのすごいコツ 大月渉

外見の8割を占める服装に関しては、
もうこれはMB氏にお願いするしかない。

こちらの書籍を読んでロジックを学んでおきましょう。

>>最速でおしゃれに見せる方法 MB

恋愛の戦略に関しては、
恋愛工学を学んでおけばまあOKですね。

こちらのモデル小説を読んでおくのがいいと思います。

>>ぼくは愛を証明しようと思う 藤沢数希

そして、
とにかくまずは平均点以上を目指す。

そして、
女性の前に出て足切りされないかどうかをテストする。

この繰り返しですよ。

ひとまずのゴールは、

〇〇クンってさぁ・・・と女性から質問してくるまでです。

質問とは興味ですから、
女性から社交辞令以外のパーソナルな質問が来ればOKです。

そこまで頑張りましょう。

まとめ

自分を俯瞰で見られない男はモテません。

独り言を言っている自分はイケてるかどうかくらいは瞬時に判断しましょう。

加えて、
しつこい男はとにかくモテません。

お前はしつこいからモテねぇんだよ!

と言われたら、素直に負けを認めましょう。

しつこくなくて、でもやっぱりモテないくらいが一般男性のデフォルトレベルと心得る。

女性と仲良くなって、
さらに会話がノッてきたぁぁぁ、くらいのところで

ごめん。おれ、そろそろ行かなきゃならないんだ。LINEだけでも教えてよ。

と自分から退くくらいの演出ができるとベターですね。

(恋愛工学テクニックのタイムコンストレイントメソッドってやつです)

モテたいなら、
自分を俯瞰で見てしつこい男かどうか、セックス不足かどうかをじっくり判断して根本から治しましょう。