ブログ記事一覧

「オナ禁さえすればモテるとガチで考えてるからモテねぇんだよ、お前は!」と皆が思ってます

「〇〇さえすればモテる!」

こんな安直な文面を全身全霊の力を注いで信じるのがモテない男。

近年話題になっているのが男子禁欲法。

いわゆるオナ禁です。

このオナ禁に過度の期待をして、
自宅で必死になってオ◯ニーを我慢している姿を想像するだけでも腹がよじれます。笑えます。

「そんなことしてっからお前はモテねぇんだよ!」

とまた言われる羽目になりますね。

オナ禁はカレーライスの福神漬けみたいなもの。

あればラッキー、無くてもメインの本質は変わらない。

こうした思考を持っているから、
モテる男はモテるわけなんですよね。

ということで、
今回はオナ禁に関連したモテない男たちの生態を見ていきましょう。

オナ禁すればモテる!という神話を信じるからモテねぇんだよ

平成から令和になり、
健活なる言葉が流行するくらい、世の中の人達は健康に気を配るようになりました。

それと同時に、
健康や人体に関する情報もインターネットに悪く言えば氾濫するようになりましたね。

無論、
恋愛やモテに関しても健康的な男、マッチョな男はモテる的な情報もどんどん溢れてきます。

  • 筋トレすればモテる
  • プロテイン飲めばモテる
  • とにかくステーキを食せ
  • コンビニ食をやめろ

なんていう見出しの記事をはじめとして、
「オナ禁をすればモテる」という見出しもだんだんと目に入ってきます。

確かに、
オ◯ニーばかりしてナヨナヨしている男は150%モテません。

オ◯ニーの頻度とその性癖は、
自然とその男のルックスや考え方、習慣や行動に大きな影響を与えてきます。

これは否定しません。

だからといって、

「じゃあ、男の楽しみでもあるオ◯ニーを一定期間我慢すればモテるようになる!」

ってわけではありません。

オナ禁は、
生物学的にはほとんどモテに影響を与えないと言ってもいいでしょう。

オナ禁の本質は、

猿のようにオ◯ニーの事ばかり考え、
余暇はすべてズリネタ探しに費やすような男とは一線を画し、オ◯ニーよりも自己研鑽に費やす時間を確保し実行する男を目指す

ということです。

自分に課した約束(オ◯ニーしない)くらいはちゃんと守ろうよ、というものです。

人間は快楽の追求と、
不快の回避に対しては120%の力を注ぎます。

オ◯ニーなんてのはまさにすぐに手に入る安直な快楽の代表格。

酒、タバコよりも中毒性があるといってもいいほどの魅力と魔力を持っています。

その快楽を自分の意思で律することで、
モテるための鍛錬(筋トレ、勉強、仕事など)に集中できる精神力を鍛えるわけなんですよ。

ただオ◯ニーをやめるだけではモテるはずがありません。

「俺なんか、もうオナ禁を開始して1週間も経ったぜ!」

とドヤ顔している男で、
かっこよくてフェロモンが出てて女性の扱いがうまい男を今まで見たことがありません。

そんな男にはこの言葉を贈りましょう。

「あのね、そんなこと(オナ禁)言ってっからモテねぇんだよ」

オナ禁するよりテストステロン増やす習慣の方がメリットがある

オナ禁でドヤ顔しているその時間を、
モテホルモンと呼ばれるテストステロンを増やす習慣を身につける時間に充てた方がモテますよ。

テストステロンを増やすには、
筋トレ、ワークアウト、良質な睡眠、規則正しい生活などが効果的と言われています。

これらを習慣化するには、
まずは無駄な時間を省き、自分の行動を見直して時間管理や財布管理、人間関係の整理などをしっかり行うことが求められますよね。

特に筋トレなんて言うのは、
自分で時間と体力を捻出してジムに通わなければなりません。

オナ禁なんかよりもよっぽど大変だし、
筋トレを3ヶ月も続ければ体つきが変わって多少女性から見られる目も変わってきますよね。

モテない男は気がついていないかも知れませんが、
モテる努力ってそこそこ大変なんですよ。

安易に「オナ禁さえすればモテる!」と考える事自体がモテない男の特徴であり、象徴なんです。

結局根本になるのは【手のひらサイズの努力でモテたい】という浅はかな考え

モテない男たちが「だからお前はモテねぇんだよ」と言われる理由。

それは、総じて

【手のひらサイズの努力でモテようとする考え方】

が全身を支配しているからです。

手のひらサイズに収まるほどの努力がどんな成果を生むのか?

他人の想像を絶する努力と継続力がその人の価値を高めるんですよ。

「おれはまだ本気出してないだけ」とマジで思ってるやつこそ、
その本気は手のひらサイズのコンパクトな熱量しかないのですぐに蒸発するんです。

オナ禁をしさえすればモテる!とイカ臭い部屋で独り言をブツブツ言っててモテますか?って話ですよ。

服装は?

ちゃんと清潔感のある格好してますか?

トークは?

少なくとも相手が気持ちよく話せる環境作りと相づちを身につけてますか?

髪型は?

カッコいい髪型よりも清潔感が感じられる髪型にしていますか?

オナ禁をすれば、
ある日突然ガネーシャが現れて「な?ワシの言う通りにしておけばごっつ幸せになれるで。女にもモテモテになるで!」と酒池肉林なる生活を与えてくれる。

そんなことは200%起こらないという現実を理解せず、
現実逃避してオナ禁しようとした自分に酔いしれて気がつけば一発抜いている。

その繰り返しが関の山でしょうね。

「部屋でじっとしているだけで女が訪ねてくるわけねぇだろ!そんな事思っているからお前はモテねぇんだよ!」

と言われてジエンドですよ。

ラクしたら快楽は一瞬。

苦労しろとは言いませんが、
欲しい物があるならせめてその成果と等価交換できるほどの時間と金は投入しなきゃいけないのが今の資本主義なんですよ?

オナ禁なんてものは貯金と一緒でひっそりと自分で愉しむもの

オナ禁なんて、
わざわざ人に言いふらすものではありません。

自分の性器を触る行為をしているかやめたかなんて、
どの世界の物好きが知りたいのかって話ですよ。

ましてや、
女性が男の自慰行為のあれこれを聞きたいわけないでしょう・・・。

オナ禁なんていうのは、
自分の貯金額と同じで1人でこっそりやってりゃいいんですよ。

「おお、だんだんと貯(溜)まってきたなぁ(ニヤニヤ)」

これで十分。

どっかの金持ちが、
1000億円近い金額を貯金通帳に印字したなんて動画が話題になりました。

が、
あれこそまさにネット回線を使った壮大なオ◯ニー流出動画ですよ(笑)。

だれも望んでない。

エンタメとして刹那で終わるコンテンツ。

本人はご満悦。

視聴している人の中には嫉妬したり妬んだりする人間も出てくる。

そんなもん、なにが面白いんだって話ですよ。

オナ禁に過度の価値を求めている時点でモテません。

すでにモテる鍛錬をしつつ、
そのスパイス、プラスアルファの要素としてオナ禁を加えるならOK。

男性にも女性にも呆れられないように、
【オナ禁=モテる】という都市伝説はティッシュにくるんでにゴミ箱に捨てて、しっかりと自立した男になりゃモテるようになりますよって話です。