ブログ記事一覧

アンジャッシュ渡部のゲス不倫詳細はモテない男の特徴が満載だった?

ついに世界の渡部も陥落か・・・。

日本で有数のモテ男と称された芸人渡部建のスキャンダル。

→【アンジャッシュ渡部建 相手女性が「“性のはけ口”に…」

ほとんど週刊誌を買わない私ですが、
さすがにモテに関するネタがなにか得られると思い文春を買ってみました。

で、
「世界の渡部」と呼ばれた彼の不倫の詳細をチェックしてみたんです。

すると、
どうやらなかなかの非モテっぷりが記されていたので、自戒とモテを目指す皆さんへの警告の備忘録として今回の記事を書きました。

昨今、
こうしたネットの情報で誹謗中傷はダメ!という流れとなっています。

が、
今回は渡部氏個人を攻撃するものでなく、あくまで事実に基づいた個人的な意見として見てもらえれば幸いです。

女性を大事にし過ぎもよくないが雑に扱いすぎるのもダメ

女性は大事にするべき。

これは確かにそうなんですが、
度合いというものが大事と付け加えさせて下さい。

蝶よ花よと大事にしてなんとかセッ○スさせてもらおうとするのがモテない男。

女性は、
言い寄ってくる男が下手に出ると「この男は自分よりランクが低いから無理」と判断します。

自分よりランクが低い男と寝る理由なんてありませんからね。

アンジャッシュ渡部建は、
日本の誰が見ても超売れっ子芸人(タレント?)としてここ数年君臨していました。

しかも、
奥さんはあの佐々木希という超S級の女性。

これにより、
アンジャッシュ渡部に言い寄ってくる女性はものすごく増えました。

ツイッターでも話題になりましたが、
女性の中には「一流の女と付き合っている男を取りたい」と思う人が一定数います。

おそらく、
渡部氏は以前からナンパ師、女好きの噂はありましたが、そのグルメ知識や恋愛心理学を駆使して多くの女性と関係を持っていたでしょう。

その際、
まだ今ほど売れる前はしっかりと女性を大事に扱っていたのだろうと推測できます。

レストランに連れて行って、
美味しいご飯を一緒に食べながら自分を口説いてくる渡部。

女性はテレビに出ているあのアンジャッシュ渡部が自分にアプローチしている!と感じ、自分に高い価値を見出すことで自己肯定感、承認欲求が満たされて渡部に惚れます。

これを多くの女性に繰り出し、
他の女性からモテている男性になることでさらに多くの女性からモテる、いわゆる「モテスパイラル」に突入したことでしょう。

結婚前なら自由恋愛なのでこれは誰も咎められません。

・・・と、ここまではモテ男あるあるでした。

が、
今回の不倫の場所はなんと個室トイレ。

障害者や子連れの家族が使うための個室型トイレです。

こんなところに女性を呼び出し、
ちゃちゃっとセッ○スやヌキをお願いして、自分が果てたら一万円払って帰れと促す。

文春にもありましたが、
女性をただの性のはけ口としかみなしていません。

これはいくらなんでも雑に扱いすぎです。

せめて、
ラブホテルでもビジネスホテルでも普通の対応で女性と逢瀬を重ねていれば・・・。

と思うのは私だけではないでしょう。

英雄色を好むという言葉通り、
何かを成し遂げるような男は得てして精力と性欲は旺盛。

時として、
その精力や性欲をどう処理していいか悶々としてしまいます。

テレビをつけて見ない日はないほどの売れっ子になった渡部。

が、
女性を雑に扱いすぎたことでこんな事態になってしまったのです。

ああ、おそろしや。

テレホンセッ○ス打診してしまうのは非モテ男性の典型的な特徴

文春には、
とある女性が定期的に渡部からLINE通話でテレホンセッ○スの打診があったとありました。

地方ロケなどで、
ホテルで一人でいる時に連絡があり、LINE通話によって互いに自慰行為しようと打診してきたようです。

これは完全に非モテの特徴です。

渡部はもともとモテ男なのに、
こんな初歩的なミスをしてしまうのはやはり驕りから来るものなのでしょうかね。

電波を通じて、
女性に性的なメッセージや連絡を送ってくる男というのは、「性欲をコントロールできていない非モテダメ男」と女性は判断します。

だってそうでしょう。

モテてモテて仕方なければ、
わざわざテレホンセッ○スなんてする必要などありません。

「もうセッ○スなんて銀河の数ほどしてきたぜ?」

という余裕と女慣れした感じが女性のハートをハックするのです。

が、
たかだた1日も待てないほどセッ○スや射精に飢えているのは、童貞や童貞を卒業したばかりのヤりたい盛りの非モテ達。

そもそも、
よほどのことが無い限り、電波を通じてのテレホンセッ○スは打診された側(今回は女性、というか大体が女性)は「やれやれ」と興ざめ。

「なんでこんなことせなあかんねん」

と、
白けてしまうものの、相手が好きだから仕方なく付き合ってあげるというのが本音でしょう。

  • エッチな写真送って欲しい
  • テレビ電話でお互いに裸になりたい
  • 一人でしているところを見たい

これは、
モテない変態たちが女性に送る要望です。

こんなことに普通の女性は応じません。

よほどのインセンティブが無い限り、
こんなことしてしまったら自分の価値が下がりますからね。

無料エロ動画と一緒なんだ・・・と女性は感じます。

今回、
アンジャッシュ渡部は複数の女性に同じようにテレホンセッ○スを打診していたようです。

挙句の果てには、
「彼は果てるときは必ずトイレに駆け込む」と書かれる始末・・・。

これは恥ずかしいなぁ。

そんな性癖をバラされたら、
今後芸能界の世界で復帰するのはなかなか難しいでしょうね。

ああ、おそろしや。

今回のアンジャッシュ渡部の不倫ニュースからモテない男たちが学ぶこと

今回のアンジャッシュ渡部氏のスキャンダルを、
よくあるゴシップとして流してしまうのはカンタンです。

が、
賢者は歴史から学び、愚者は経験から学ぶという言葉通り、やはりモテ男は歴史(他人の経験)から何かを学ばなければなりません。

では何を学べばいいでしょうか?

  • 女性を性のはけ口のように雑に扱い過ぎはよくない
  • 電波を通じてエロを女性に打診してはいけない
  • 個室トイレではイケないことはしてはダメ

このあたりでしょうね。

女性にコミットして大事に扱いすぎると一気にイニシアチブを握られるので避けたほうがいい。

むしろ、
多少ディスるくらいの方が女性は喜びます。

が、
ささっとヌイて1万円払う、みたいなちょんの間、風俗嬢扱いはやりすぎです。

特に、
せっかく時間を作って会いにきてくれたのなら心からリスペクトする気持ちを忘れてはいけません。

会話やベッドの上で相手の女性をいじったりするのは全然OK。

むしろ、
その方が関係性は持続するでしょう。

それと、
メールや電話でエロを打診しない。

エロを我慢できないガキみたいな変態野郎、というレッテルを貼られます。

女性側から打診があればそれは受ければいいでしょう。

ただしハニートラップには注意。(録画、録音とか)

おとなしくしていなければいけない時は、
読書したり、筋トレしたり、コンビニのつまみでサクッと飲んで寝ましょう。

それでも収まらなければ、
それこそスマホで無料動画で一発抜けばいいんです。

そしたらスッキリしますから。

あとは、
多目的トイレはそーゆーことに使ってはいけません。

多目的トイレを発案、デザイン、設計した偉人たちの偉業に思いを馳せましょう。

AVでシチュエーションエロでたまに多目的トイレでのシーンがありますが、
あれはあくまでフィクション。

実際にやってはいけません。

最後に

今回のニュースはなかなか衝撃的だったので、
忘れないようにこうして記事にしてみました。

男はエロや性欲が絡むと、
冷静な思考や行動ができなくなります。

それと、
調子に乗った人間で最後まで成功を維持した人もいません。

今回のアンジャッシュ渡部は、
一言で言って「調子に乗ってしまっていた」に尽きます。

凡人である我々は、
調子に乗らず、出会う女性たち全てに「生まれてきてくれてありがとう」の念を持って接しましょう。