ブログ記事一覧

非モテ男がスクワットをすればテストステロンが出てモテるようになる?

あぁ、最近、というか年齢の数字の期間モテてないなぁ・・・

こんな悩みを抱えていませんか?

抱えているでしょうね。

そんな悩みを解決したいなら、
ひたすらスクワットするのがオススメです。

スクワットなら、
部屋でも出来るので毎日カンタンに、場所を取らずに取り組めます。

自分の部屋でできるということは、
スクワットでさんざん下半身をイジメた後は、エロ動画ですぐさま今度は下半身を慰めることもできます。

下半身をスクワットでイジメた後のオ○ニーの快楽度は想像を絶し、そして新たな生きるチカラを創造するでしょうね。

って、
こんな冗談はさておき、モテないと悩んでいる人に不足しているのはテストステロン。

スクワットは、
体の中でも大きな筋肉を鍛えるので、テストステロンが増える効果があります。

モテない男達よ、
モテるにはどうしたらいいのかわからないなら、まずはスクワットをして下半身だけでも鍛えておきましょう。

スクワットで下半身を鍛えればテストステロンが増える

男がモテない理由のひとつとして、
オスを司るホルモンであるテストステロンが不足しているのが原因です。

このテストステロンを増やすには、
なるべく身体の中でも大きな筋肉(胸、背中、下半身)を鍛えるのが効果的。

特に下半身は、
歩く、走る、座るなど人間の生活に欠かせない部位です。

この部分がしっかりとしていれば、
どんな動きにも対応することができますし、好きな女性を追っかけることもできます。

また、
大人の事情として下半身がしっかりとしているということは、ちゃんと遺伝子を残すことができる機能(生殖機能)が備わっているというシグナルを発しているとも見て取れます。

この辺りは後述しますが、
少なくともスクワットによって男のモテが加速するのは間違いないのです。

女性は男性の下半身を見て良い遺伝子を持っているかどうか判断する

精子戦争によれば、
なんだかんだで女性は男性の良し悪しは下半身を見る、とのことです。

女性がいちばん魅力的だと思う男性の特徴は、

  • 澄んだ瞳
  • 健康的な肌と髪の毛
  • ひきしまったお尻
  • ひきしまったウエスト
  • かたちのよい足
  • 広い肩幅
  • ウィットに富み、知的である

ことだ。

引用:精子戦争 R・ベイカー

デブでブクブク太った男の下半身は当然ダメです。

そんなものはただの肉塊。

豚や牛ならまだ食用にできますが、
人間の場合は食用にすることもできないので、もう無価値なんです。

女性が求める下半身は、
筋肉がしっかりしていて、脂肪が少なく、病気やケガがなさそうな健康的な下半身です。

女性の下半身がキレイだと、
男性は「ウワァァ・・・この女性はとってもいい女だなぁ」とポォっと見とれてしまいますよね?

まあ、
モテない男達はこんなことばっかりでしょうけど。

だからモテねぇんだよ。

話を戻しましょう。

女性は、
本能として良い遺伝子で妊娠をして、より多くの自分の遺伝子を後世に残したいと考えています。

意識下ではそう思っていなくても、
無意識下では何万年も前から繰り返してきたこととして脳や身体に刷り込まれています。

とある女性に聞いてみても、

顔や上半身の筋肉、身長なども見るけど、やっぱりお尻などオトコの下半身はどうしても見ちゃうよね(照)

と申しております。

下半身の筋肉が発達しているということは、
筋肉量も申し分なく、テストステロンが増えやすい土台がしっかり出来上がっているということ。

プロスポーツ選手で、
下半身が貧相な人間は一人もいません。

スポーツの基本は下半身です。

だから、
NPB選手やJリーガー、ラグビー選手やバスケットボール選手たちはモテモテなんです。

彼らがもつ実績やスター性もそうですが、
生物学的にも優れた下半身を持っているオスは女性からみたら生殖対象(セックスしたい対象)なんです。

わかったか。

ちなみに、
広島カープの菊池涼介選手がタチの悪い女につかまって8,000万円もの慰謝料を請求されているというニュースがありましたね。

いくら下半身がガッチリしてモテモテなプロ野球選手でも、
脇が少しでも甘いとすぐにハニートラップにかかって騙されてしまうんですね。

菊地選手は、
特に守備に関して高い評価を得ています。

が、
こと女性関係では守備はズタズタだったと露呈してしまいましたね。

みなさん、
甘い話には必ず裏があると思って行動しましょうね。

まあ、
モテねぇ男どもには関係ないか。

→【広島のモテ男・菊池涼介が懺悔告白「交際相手に多額の慰謝料を請求され…」調停申し立て

下半身が貧相だと女性は減点評価をする?

男性の下半身が貧相だと、女性はまず減点評価します。

下半身は生殖機能の象徴。

オスに生まれてきて、
生殖機能が不完全である可能性があると、メスとしては

別にコイツじゃなくても他にもオスはたくさんいるわ、ボケ!

と、
さっさとそのモテない男を見限って次のオスを探します。

そもそも、
女性は女性というだけで価値があります。

さらに若いと、
もうそれはそれはおびただしいほどのオスが寄ってきます。

その中で、
テストステロンが不足していたり、ダサかったり、デブだったり、もやしだったり、童貞だったりする男をスクリーニングしなければなりません。

時間は有限なので、
いい男を見定めるよりもダメな男をふるい落とす方が効率はいい。

だから、
数多くのオスの中から「コイツはダメ!」という点がある男をどんどんスクリーニングし、残った数名の男の中から最適な遺伝子を選べば事足ります。

(ちなみに女性の戦略は、より多くの精子を迎い入れて子宮内で精子戦争をさせた方がよりよい遺伝子で妊娠できます。よって、最終的に残った男性全員とセックスをするという大胆な行動をする生き物だということをお忘れなく。)

なので、
最初からガンガンに男性を減点評価するのが女性の生存戦略と言えるのです。

その評価軸の中で、
下半身が貧相だったりブクブクの下半身デブだと「コイツはテストステロンも少ないし精子も不健康そうだな」という基準があります。

その評価を元に、
女性は下半身に難ありな男はそれだけで減点評価をするのです。

なので、
男性はシコシコとスクワットによって下半身を鍛えなければならないのです。

シコシコと白いタンパク質を下半身から夜な夜な射出している場合じゃねんだぞ?

スクワットをするとお腹周りの脂肪が取れる効果がある?

スクワットを頑張ると、
テストステロンが増えて女性からモテるという利点以外に、お腹周りの脂肪がだんだんと取れてくる副次的効果があります。

お腹周りの脂肪を燃やすには、
腹筋運動や体幹トレーニングをすればいいと思いますよね?

ですが、
実はより大きな筋肉を鍛えて筋肉量を増やした方が脂肪燃焼効率は上がるので、お腹周りの脂肪もガンガンに燃焼してきます。

お腹周りの脂肪がなくなり、
シックスパックの細マッチョになれば、世の女性達はアナタに興味を示すでしょう。

そうなればモテない人生にオサラバ。

スクワットをすることによってモテる、という理由はここにもあるのです。

スクワットしたあとにランニングすれば女子ウケ必至の細マッチョになれる

女性にモテるには、
デブやもやし野郎ではなく細マッチョが一番いいでしょう。

細マッチョになるには、
大きな筋肉を鍛えて筋肉量を増やしつつ、脂肪を燃焼させるのが王道。

そこで、
スクワットをした後にランニングをする。

そうすることによって、
脂肪がガンガン燃焼して細マッチョに最速で到達できるのです。

世界一やせる走り方によれば、
筋トレをして成長ホルモンを分泌させた後にランニングをすると、脂肪はガンガン燃焼するとのこと。

その際、
時速8〜10kmほどのスピードによる有酸素運動、つまりはランニングをするとどんどん痩せていくとのこと。

ポイントは、
時間を長く、距離も長く。

あまり速く走ると、
脂肪はあまり燃焼せずに体内の糖分が優先して燃焼してしまうので、痩せ効率はよくないのです。

当然、
スクワットをすればテストステロンも増えるので、細マッチョでなおかつテストステロンがビンビンの男になればモテモテ街道まっしぐらになります。

とにもかくにもスクワット一択なんですよ、モテない男は。

まとめ

スクワットをすればモテる!

と頭では分かっていても、実際に継続するかどうかは別。

まずはスクワットしましょう。

スクワットは場所を選びませんが、
かといって職場や学校でフンッ!フンッ!とスクワットしたら怪しまれます。

いつも気になっているマリちゃんも「アイツ、ヤベェな」と気色悪がられるだけです。

なので、
モテない男はまずは人知れずひとりで努力するのが良いでしょう。

部屋でひたすらスクワットです。

ジムの会員になっているなら、
必ずトレーニングメニューにはスクワットを最優先で取り入れましょう。

そうしてまずは下半身を徹底的に鍛える。

私の経験からも、
スクワットによって下半身を鍛えると、万能感や清々しさ、そして明らかな男性機能の向上を感じることができます。

そうすればあとは女性と知り合って仲良くなるだけ。

自然と彼女たちは下半身に目が行って、自動的に好きになってくれるはず。

そんな日を実現するためにも、
なにはともあれひたすらスクワットしておきましょう。

※今回参考にした書籍はこちら↓