ブログ記事一覧

モテない男はまずは細マッチョになれ!痩せるのに最適なランニング方法とは?

突然ですが、
女性が好きな男性の体型ってどんな体型だと思いますか?

そう、答えは一つ。

細マッチョです。

細マッチョになりさえすればモテるわけではないですが、
少なくともブクブクの豚野郎やガリガリのもやし野郎よりはモテ度はアップします。

細マッチョになるための重要なファクターは2つ。

筋トレによる筋肉量のアップ

余分な脂肪の燃焼

このうち、
特に多くの人が悩むのが脂肪の燃焼、一般的にはダイエットとも言いますね。

細マッチョになるには、
余分な脂肪を燃焼させなければなりません。

そこで、
今回は細マッチョになってモテるためにランニング術について見ていきましょう。

脂肪が燃焼されやすい速度でランニングする

細マッチョになるためにランニングですが、
闇雲にガンガン走ってしまうのもじつは考えものなんです。

ランニングの速度でも、
脂肪燃焼に非常に効率が良い速度というのがあります。

それが時速8kmなんです。

この速度は、

「歩くにはかなり速く、走るには少し遅いくらいの速度」です。

書籍世界一やせる走り方から以下の箇所を引用してみました。

ゆっくり走れば体の中にある糖質と脂質の使われる割合は五分五分なのに、いわゆる【ダッシュ】などをすると脂質の使われる率はなんと10%程度にまで激減。これが「無酸素運動より有酸素運動の方が体脂肪は燃える」と言われる理由です。

なるほど。

モテない男が陥りがちな、

「ひたすら速く走ればエネルギーをたくさん消費してすぐに痩せる」

という短絡的な考えというのは稚拙だとわかります。

だからモテねぇんだよ。

時速6kmで歩いていたのを時速8kmで走るようにすれば、
消費カロリーはなんと驚きの約2倍になると言われています。

これこそが、
細マッチョになるために最適なランニング速度が時速8kmといわれる理由なんです。

モテる細マッチョになるために気をつけるランニングのポイントは?

細マッチョになるための最適なランニング速度が分かったら、
次はランニングする際の意識しておくべき点について見てみましょう。

脂肪燃焼のためのランニングでは、
速度よりも【時間】と【距離】に重点を置くのが大事なんです。

長い時間走れば必然的に距離は伸びます。

長い距離を走ろうとすれば、必然的に時間はかかります。

無酸素運動に近い速度で走っても、
時間も距離もそんなに稼げないですよね?

すぐに疲れてしまいますから。

これでは、
細マッチョになる前に「こんなにツラいなんて・・・もう止めたい。早く帰ってコーラ飲みながらダラダラして寝る前にオ○ニーして寝たい」となってしまいますよね?

いつものお前みたいに。

そうならないためにも、
細マッチョになるためのランニングでは【時間】と【距離】をなるべく長くするように意識しましょう。

人間の体は20分以上運動すると脂肪が燃焼し始めるといいます。
(諸説あり)

この観点から、
大体50分~60分くらいはランニングできると脂肪は大いに燃焼するでしょう。

最近のランニングアプリは、
走った距離、速度、時間によって大体の消費カロリーを算出してくれます。

そのアプリによると、
平均して時速9km程度で10km走ると消費カロリーは700キロカロリー。

脂肪1gを消費するのに約7.2キロカロリー必要なので、
理論上では100g弱の脂肪またはエネルギーが消費されたことになります。

これを週2回、3ヶ月(12週)でも継続すれば、

100g☓週2回☓12週=約2.4kg

という重量の脂肪を確実に燃焼することができます。

加えて、
後述するランニングのメリットも同時に得ることができます。

「あれ?なんだかシュッとしてきた?」

「体重が増えにくくなったな・・・」

「腹回りの肉が落ちてうっすら腹筋が見えてきたぞ?」

という変化にも気づくことができるでしょう。

まあ、
数字的にはあくまでも机上の論理ですが、少なくとも細マッチョになるためには適度な速度で適度な距離、適度な時間でランニングするのがいいというのが分かりましたね。

無策でひたすら走るのもいいですが、
それはただ単に童貞ボーイが手当たり次第に女の子に告白するような無謀さを感じます。

当然、
望むべき結果が出る可能性は低いでしょう。

ならば、
最低限の戦略を持って計画的にコトを運ぶほうが賢い。

そんな思考回路を持った細マッチョになれば、
モテはあとからいくらでもついてくるようになるのです。

わかったか。

ランニングすれば色々な点が改善されてくる

ランニングをすると、
細マッチョになる以外にもいろいろな点が改善されてきます。

  • 顔がシュッとする
  • 血行が良くなり健康的になる
  • 痩せやすい体質になる
  • 汗をかきやすい体質となり浮腫が解消する
  • 肌質が良くなる
  • 頭がクリアになって仕事や勉強のパフォーマンスが上がる

世界で活躍するエリートたちは、
必ず日々の生活の中にランニングや筋トレなどの運動を取り入れています。

それは、
自分の中の悪いもの(暴飲暴食、浪費家、感情のコントロール、性欲など)をデトックスするために行っているのです。

モテないと嘆きつつも、
何も手を打たない男も自分の中でなにか悪いものを育ててしまっているからです。

そんな悪を、
ランニングをすることによってデトックスできるようになるのです。

ランニングによって身体が正常になると、
今まで欲していた悪に対しても抵抗力が出てくるようになります。

「いつもは大盛りだけど、今日は普通盛りにしようかな」

「いつもはビール2缶だけど、今日は1缶にしておこうかな」

「いつもはコーラだけど、今日は無糖炭酸水にしておこうかな」

などの自己規律ができるようになるのです。

また、
定期的に運動していると男はテストステロンが分泌されます。

別名モテホルモンであるテストステロンがあれば、
女性はその雰囲気やニオイを嗅ぎつけて目をハートマークにするでしょう。

オスは猿の時代から、
全身を使って狩りをし、女や子供のために獲物を獲ってきていました。

その本能は、
今でも人間の男の脳や身体にプリインストールされています。

その本能は、
きっとランニングや筋トレなどの運動によって呼び覚まされるのでしょう。

モテないなら、
まずは運動を開始して本来男が持っていたオスの本能を呼び覚まし、テストステロンをガンガン煮出すべきなのです。

モテる体型である細マッチョになるにはランニングを習慣化しよう

女性はとにかくスマートな男性が好きなんですよ。

スマートさは、
体型にも所作や知識にも表れます。

所作や知識は、
本屋さんにいってハウツー本を参考にしたり、恋愛工学などの恋愛戦略を参考にしすれば多少はカバーできるでしょう。

ですが、
体型は自分自身が時間とエネルギーを使って自分で手に入れるしか方法はありません。

お金では買えないからこそ、
細マッチョである男達は価値があるとみなされて女性からモテるようになるのです。

生まれつき細い体型の男は、
少し筋トレするだけで細マッチョになれます。

が、
そんなものは生まれてきた時点ですでに決まっていること。

世の中の大半のモテない男性は余分な脂肪と余分なエロさを持っています。

そんな1円の価値も無いものなどすぐに捨てましょう。

脂肪はランニングで、
余分なエロは細マッチョになることによってオサラバすることができます。

細マッチョになって、
今まで見ることができなかった景色を見てみるのも悪くないですよ?