ブログ記事一覧

モテない男の特徴はアウトプットをしないこと!日々のアウトプットがモテる秘訣だ!

「なにこれ・・・・?あったかい・・・」

このセリフを見て何を想像するだろうか?

極寒の中で飲む温かいスープ?

つめたい雨が降りしきる中で握るホッカイロ?

浮気をした女がそれを許した男の身体に触れた時の感触?

言葉一つ取ってみても、
想像力というのは際限がないので面白い。

自分が考えた言葉や思考、妄想ワールドのアウトプットというのは、時として人間に成長という果実を与えてくれる。

反面、
アウトプットをしない男はたいていモテない。

モテない男はアウトプットをしない。

モテるには、
自己表現能力を上げて女性にその存在を知ってもらうしか無いのだ。

なにもこうして自分がサイトでしょーもないブログを書いていることを自画自賛しているわけでもない。

私だって、
キムタクや福山雅治、東出昌大みたいにモテたいが、実際は平々凡々よりもかなり下に所属する人間。野球で言えばベンチ要員の補欠って感じだ。

それでもアウトプットをすることは継続している。

モテたいからね。

自分の考えや思考を言葉という目に見えるものにトランスフォームさせることで、
いつか宇宙の彼方から地球を攻めに来る悪者を退治できるかのように、モテる男になるための道筋にいつかなるはずと思っている。

女はいつだってヒーロー待望論支持者だ。

自分の考えをはっきり言語化出来ずに、
どうしてその男の将来性やその場の魅力を感じることができようか。

冒頭のとあるセリフも、
実はその背後にあるストーリーが秀逸なのだ。

作者である爪切男氏が小説にしたおかげで、
アウトプットされて私という人間が感動を覚えているのだ。

同じ思いを感じている女性も多いはず。

一見なにげないセリフでも、
前後のストーリーによって面白い、深い、そして心に刻み込まれる記憶となる。

ここで、
冒頭のセリフ「なにこれ・・・?あったかい・・・」の背景がなんなのか、小説【死にたい夜にかぎって】から本文を抜粋してみよう。

この小説が、
いつか大学入試試験に使われることを先に予言しておこう。

私のチンコをしゃぶろうとしていた風俗嬢に「俺のチンコを『火』だと思ってみて。初めて『火』を見た人類のようにしゃぶってみて」と無理難題を吹っかけてみた。彼女は一瞬考えた後で、

「何これ・・・? あったかい・・・」

と私のチンコを両手で優しく包み込んでから、おそるおそるフェラをした。パーフェクト。百点だ。そう、火は本来あったかくて、人を幸せにするものだ。あれほど美しいフェラを私は見たことがない。忘れることのできない思い出の風俗嬢。彼女の名前を贈るとしたら「炎の風俗嬢」といったところか。

本当にいい女だった。

引用:
→【死にたい夜にかぎって】 著・爪 切男

人類に文明をもたらした数々の発明や科学的発見がある中で、
火の活用というのは大きな役割を担っていると言っても過言ではない。

火がなければ、
今の2020年に営まれている地球上のすべての生物の生活はなかったはずだ。

それほどまでに崇高な火。気高き火。

その火の偉大さを、
池袋のとある風俗店の一室で再確認された瞬間の描写であると私は思っている。

この文章を書いた作者も、
「何これ・・・? あたたかい・・・」と即座に火に対する敬意を初めて会った風俗に来る客のチ◯コに投影する炎の風俗嬢も、とにかく素晴らしい。

かつて、
日本の経済をめちゃくちゃにしたとコキ下ろされた小泉純一郎元総理が言った名言(迷言)の中に、

「感動したっ!」

というのがある。

日本の経済を憂う多くの人間の一人として、
小泉元総理には怒りしかないが、それでもこの言葉を使いたくなるくらい、私の心は揺れに揺れたのだった。

アウトプットの方法はたくさんある。

言葉やテキスト、動画なんてのもある。

ツイッターでくだらねぇことをつぶやくのもアウトプット。

ストロングゼロを飲みながら、
自分の中の非モテを友人知人に、はたまた一人で吐き出すのもアウトプット。

どんな形であれ、
アウトプットを日々継続していくことでその精度は上がっていく。

階段を一段また一段と登っていくが如く、登っていけ。

炎の風俗嬢も、
日々来訪するエロい客たちとの会話やプレイ内容という積み重ねを経て、あの素晴らしいセリフを瞬時にその口から紡ぎ出したのだろう。スケベでしょうがないような何人もの男たちの精液を受け止めたその口で。

男の物理的アウトプットをそのまま受け止めているんだ、彼女は。

おびただしいほどの本数、ヌキを積み上げをしているんだ、彼女は。

お給料も積み上がるが、
それ以上に彼女は確実にナニかを積み上げてきたのだ。

そんな彼女の頭に広がる宇宙の壮大さに、
日々の積み重ねをしてもいないのに「俺はモテない」と不平不満を言う男たちはただただひれ伏すしか無い。

モテない男の特徴は、
とにかくロクなアウトプットもせずにグジグジ悩んでいることだ。

バカ野郎っ!

なんの言葉も発することなく、
テレパシーで女が口説けるのか?

女の心の琴線に触れる口説き文句が言えるのか?

モテたいと思うなら、
とにかくアウトプットだ。

思え。話せ。書け。伝えろ。

目の前のチ◯コを火に見立てた池袋の彼女に到達するまで、日々の積み上げを続けていこう。

なにもしねぇからモテねぇんだよ。

アウトプットしていることが、
人間が人間であることを証明してくれる。

そして、
そのアウトプットの積み上げが、モテない男がモテるようになるきっかけとなるんだ。