未分類

包茎が原因でモテないのは間違い?モテる男が知っておくべき男の下半身事情とは?

モテない男の悩みのうち、
結構深刻に考えてしまうのが包茎。

ムスコに皮がかぶっているかどうかで、
どうしても女性からの心証を気にしてしまい、心に大きな足かせを感じてしまう。

モテる男でも、
下半身に関しては悩みを感じていないかといったらそうでもない。

男は誰しもが生まれたときは童貞だ。

当然、
包茎を含めた悩みはそれぞれが感じ、そして向き合ってきた。

長い人生、そして長く維持したいモテ人生からすると、
包茎という問題、というか身体の生理状態はそこまで重要じゃない。

が、
包茎に限らず人の悩みというのは一度頭と心が支配されてしまうとなかなか解放されないのが現状だ。

ということで、
筆者自らの男の悩みである【包茎】について出来る限りのアドバイスを送っていこうと思う。

あぁ、きっと俺がモテないのはこの情けない包茎チ◯コのせいなんだ・・・

と悩むうら若き男性諸君の手助けになれば幸いだ。

包茎は悪なのか?

さて、
どこから書こうかと悩んだが、まずは根本的なところから書いていこう。

そう、

包茎は果たして悪なのかどうか?

ということだ。

結論から言うと、
包茎というのは決して悪ではない。

警察に捕まるわけじゃないし、
包茎がバレたからといって、わざわざ黒い箱に入ってレバノンまで逃亡する必要もない。

悪ではないので、
必要以上に悩むことはないということを先に伝えておこう。

じゃあ、なんでAVやエロ動画の男性たちはズル剥けなんだよ?!

と思うだろう。

考えてみて欲しい。

ああいった動画は、
男性のエロを最大限に刺激する、いわば作られた虚構だ。

女性はキレイでよりスタイルが良いほうが男は興奮する。

そして、
男性はいわゆる「理想の強い男性」の方が女優との相性がいいってことだ。

おぉ、すげぇ・・・やっぱプロは違うなぁ・・・

と男優も女優も視聴者に思ってもらったほうが動画自体が盛り上がるし、もちろん視聴者である男性のアソコも盛り上がる。

それと、
AV男優たちは女性とセックスするのが仕事だ。

男優たちのアソコはいわば商売道具。

飛行機が完璧な状態でフライトするように、
AV男優たちの商売道具もベストの状態(デカイ、固い、ムケムケ、無制限発射)を維持しておかなければならないのだ。

チ◯コのベスト状態となれば、
すくなくとも包茎の状態は改善しておいたほうが良い、というほど。

プロでもない一般の我々は、
ベストであることに越したことはないが、まずはセックスする時に勃ってしっかりと射精ができればそれでいいのである。

それには、
おわかりの通り包茎かどうかは関係ないだろう。

包茎は決して悪というわけではないのである。

包茎は女性に嫌われる?

包茎は悪ではないが、
注意しなければならないことがある。

それは、

チ◯コを清潔感が欠如した状態にしない

ということだ。

ご存知の通り、
包茎というのは常に皮がかぶった状態のことを指す。

その状態であれば、
包皮内にカスや汗、尿が残りやすい。

となれば、
必然的に不衛生になりやすい状態とも言えるだろう。

女性は男を受け入れる側。

できれば男性には清潔感を保っていて欲しいといつも願っている。

ましてや、
自分の体内に男性を受け入れて子供を妊娠する女性にとって、男性のチ◯コは外見以上に清潔にしておいて欲しいと思うのは当然のこと。

当然ながら、
不潔な男、不潔なチ◯コは女性から嫌われるだろう。

包茎である状態がNGなのではなく、
清潔感を欠いた状態で女性に接しようとする行為や心構えが女性に嫌われるのである。

包茎に限らず、
男性は常に清潔を保つためにも毎日風呂に入ったり、服装や外見に気をつけておくべきなのだ。

包茎による早漏は治すべきなの?

いっつも早漏でセックスしてもすぐに果ててしまうんだよなぁ・・・うぅ、これではせっかく出来た彼女にも嫌われてしまう

包茎に次いで男が悩みがちなのが早漏だ。

「男が早漏だと女性が満足できずに嫌われてしまう」

という意見には、男性は大方うなずくだろう。

が、
果たして実際はどうなのだろうか?

私の経験上、
早漏というのは女性からしてそこまで嫌う要因とはならない。

むしろ、
早漏よりも遅漏の方が長いし痛いし苦手、という女性の方が多い。

むしろ、
早漏の方が女性は「このヒトは私に魅力を感じて我慢できなくなっているのね❤」と思う場合もある。

意を決して実際に女性に聞いてみても、

「別に持続時間はそこまで問題ではないぞよ。ちゃんと愛情表現を表してくれるなら朕はそれで十分ぞ。」

と、
まさに女神のようなお言葉を頂いた。

要は、
女性に対してリスペクトの心を持ち、手をつないだり、スキンシップしたり、「愛しているよ」と言葉で表現したりするほうが、セックス時の持続時間を気にするよりも何倍も大事だということだ。

また、
時間を戻し石器時代の人間たちの観点から早漏を考えてみよう。

当時は、
いまのようなマウンティングするようなタワマンや一軒家、高級ホテルなどの安全な場所というものはなかった。

子孫を増やすためにはセックスをしないといけないが、
油断していると獰猛な動物に襲われてしまうし、また他の人間からもメスを奪われてしまう可能性もあった。

そこで、
どうすれば効率よく自分の遺伝子を拡散することができるかを考えた時、なるべくすばやく、そして何度も女性たちの体内で射精をすることで、なるべく子孫を残す確率を上げることが適切だとなった。

となれば、
遅漏で全然イカない男よりも、挿入後すぐに射精できたオスの方がその遺伝子を残せる可能性は高かったと考えられる。

世の中の男性の大半が早漏気味だと考えると、
早漏というのは石器時代からの生存戦略であり、それが現代まで受け継がれていると考えられるのである。

ちなみに、
女性の生存戦略としては、なるべく多くの精子(量ではなく種類)を体内に取り込み、その中で精子同士を戦わせてより強い精子で妊娠した方が子孫が残ってい区画率は高くなる。

そこで、
自分が一番妊娠しやすい時期にはなるべく多くのオスと性交した方がいい。

そこで、
まだ家が無い頃から、行為中に喘ぎ声で大きな声を出すことで、周囲にいるオスを呼び寄せていたと考えられている。

いわゆる乱交だ。

一見、
乱交と言うと男は「なんか激しいプレイ内容だな、こりゃ」と興奮するだろう。

が、
これはれっきとした女性の生存戦略なのである。

なので、
女性が行為中に大きな声を出すことは決してイケナイことではなく、ちゃんとした理由があるのである。

まあ、
人間は聴覚で脳を刺激するという機能を持っているので、マグロの女性を抱くよりも声に出してくれたほうが盛り上がるという側面もあるだろう。

いずれにしても、
早漏に関しては必要以上に悩むこともないし、年齢や経験とともに段々と改善していくので安心して女性を口説けばいいのだ。

どうしても包茎が気になるならクリニックに行こう

とはいえど、
やはり見た目や挿入時の快楽時間の持続などを考えると、包茎を100%容認できない人もいるはずだ。

男性のほとんどに当てはまる仮性包茎ならまだいいが、
ガッツリ被っている真性包茎や痛みを伴うカントン包茎だと、肉体的にも精神的にも衛生上で問題が残ってしまう。

人間はメンタルの生き物。

一度心や身体について悩みが発生すると、
それが足かせとなって日常生活に支障をきたしてしまう場合も多々ある。

ましてや、
下半身の問題となると経験が浅い若い世代の男たちは、一度悩みだすとどんどん陰キャよろしくマイナス思考になってしまうだろう。

「んなこと悩む必要なんてねぇ!」

と熱血ヤンキー先生の如く一喝したいのは山々だが、
一方で「うんうん、そうだよな、わかるぜ、アンタの気持ち・・・」と、取り調べ室で犯人の身の上話を聞くベテラン刑事のような気持ちにもなる。

男の悩みというのは、
よくも悪くも共感部分が非常に多いのだ。

日々の生活や、
好きな女性との関係を良好にするためにも、包茎に関する悩みはなる早で解決しておいたほうが良い。

そんなときは、
専門家に相談して悩みを聞いてもらうだけでもかなり安心する。

「一応包茎でも問題ないけど、一応先生の意見も聞いてみたい」

「せっかく生まれたこの生命、ズルムケになってヤ◯チンになりたい」

という野望があるひとは、ぜひ一度クリニックで相談してみよう。

クリニックは色々あるが、
まあ調べてみた結果関東圏ではこちらのクリニックで相談してみればいいだろう。

→【最新の包茎治療、切らない長茎、亀頭増大、陰茎増大・ED・早漏治療【メンズサポートクリニック】】公式サイトへ

新宿と横浜にそれぞれクリニックがあり、
アクセスも十分便利だしネットでも詳しく包茎について情報発信している。

気になる男性諸君は一度チェックしてみてくれ。

案ずるよりも産むが易し。

男は出産できないが、
このことわざ通り悩みがあるならそれをさっさと行動することで解決しておいた方が後々ラクだ。

まとめ

男にとって、
下半身の悩みは経験が浅ければ浅いほど解決まで時間がかかる。

本来は大した悩みではないのだが、
やはり「君は大丈夫だよ」と言ってもらえるのとそうではないのとではメンタルが全然違ってくる。

モテる男を目指すなら、
心身ともに強くたくましい状態を維持すべき。

恋愛もビジネスも私生活も充実させるためにも、
包茎に関する悩みとはさっさとオサラバしておこう。